おうちで楽しむハロウィン

新型コロナの影響もあり、今年は盛大なイベントをおこなうには
難しい状況下にあります。

おうち時間をより有意義にするために、今年はご家庭での
ハロウィンパーティーを盛大に後押ししてみてはいかがでしょうか。

店頭から盛り上げる

定番のカボチャやお化けをモチーフにしたグッズを
販売しているお店は、のぼり旗を活用してそのことをアピールしてみましょう。

街角で見かける色鮮やかなのぼり旗は、レストランや
スーパーなどで使われるのが一般的なイメージですが
近年さまざまなタイプののぼり旗が販売されているため
雑貨屋さんでも充分にその効力を発揮します。

SNS時代もあいまって、インスタ映えを狙っているかたも
多くみられるので、のぼり旗でハロウィングッズをアピールできるのです。

 

今年はイベント開催が中止されることも多く、例年通りとはいかないだけに
ステイホームを充実させる必要があります。

一時的な季節の祝いだけに限らず、キャラクターデザインとしても
長く楽しめるアイテムなので汎用性もあります。

これを機に、毎年秋の訪れを楽しむのも素敵なことです。

多種多様なのぼり旗でハロウィンの楽しげな雰囲気を
出しながら、グッズ販売をアピールしていきましょう。

のぼり旗ひとつで雰囲気が変わる

ハロウィンといえば思い浮かべるのはカボチャやおばけ、こうもり、骸骨などです。
色でイメージするならオレンジや紫、黒などではないでしょうか。

これらをモチーフにしたデザインののぼり旗を店頭に置くだけで
一気にお祭り気分を演出することができます。

楽しさの演出

お店全体の雰囲気をがらっと変えたい場合には、形からこだわって
スイングバナーののぼり旗も良いかもしれません。

普段はあまり見かけない形ののぼり旗であれば、更に通りすがりの人の
目線を奪いやすいでしょう。

さらに、おうちでハロウィンを楽しみたい方のために、
店頭でよく見かける長方形ののぼり旗をミニサイズにして
店内でも活用してみましょう。

この季節ののぼり旗は、黒や紫などわりとシックな印象を受ける
カラーを使用してみても浮きません。

また、ミニサイズなら雑貨屋さんの店内に置いてもジャマになることもなく
イベント感も演出しやすいので、あるだけで華やぎます。

かわいいキャラクター性のものから大人デザインのものまであるので幅も広いです。

気になるのぼり旗のお値段としては、2千円前後とかなりお手頃です。

クリスマスツリーのようにのぼり旗が定番アイテムとなって
活躍しそうな予感です。

これまでとは違った秋の訪れを、のぼり旗を活用することで
楽しく演出してみましょう。

蛍光のぼり旗が活躍するポイント|宣伝・注意喚起など

宣伝・注意喚起ができるアイテム

のぼり旗の役割は数多くありますが、いずれにしても見てもらうことに
意味があります。

宣伝に使用されることが多いですが、注意喚起を目的として活用される
こともあります。

蛍光色

店内に設置する状況ではそれほど目立つ必要性はないでしょうが、
屋外に設置する場合は視認性がポイントになるのです。

注目してもらうためには蛍光のぼり旗を使用するのも得策で、特に
注意喚起をするような状況で重宝します。

目立つのぼり旗の設置方法は専門店が教えてくれるので、初心者でも
安心して設置できます。

デザインとサイズは大切ですし、カラーや設置間隔なども重要です。

蛍光のぼり旗は夜間に光るのが特徴で、ドライバーから見えやすい
性質があります。

運転中は動体視力がモノを言いますが、どんなに動体視力が優れていても
静止時の視力よりは下がってしまいます。

だからこそ宣伝や注意喚起をするときは、強力にアピールする必要が
あるのです。

のぼり旗は蛍光タイプがおすすめで、例えば交通事故防止の注意喚起を
するような状況で重宝します。

パッと見て何をアピールしているのか知ってもらう必要があるので、
夜間での視認性は大切なポイントです。

目に入らなければ設置するメリットはまったくないのです。

費用を抑えてアピールできる

なるべくお金をかけずに宣伝・注意喚起をしたい状況においてのぼり旗は
最高のアイテムです。

アピール力が高くても多額の資金を必要とするようでは費用対効果は悪く
なるでしょう。

100万円の利益を出すために200万円をかけていては意味がありません。
宣伝費用のほうが低額にならないとのぼり旗を設置する意味がないのです。

のぼり旗の設置で失敗しないためには、専門家の意見を聞いてみるのが
一番です。

現在は光るのぼり旗も登場しており、夜間に気づいてもらえるメリットが
あります。

クルマの運転は昼間よりも夜間のほうが危険度が高くなるので、ここは
しっかりとアピールしていく必要があります。

費用

のぼり旗設置において最もこだわりたいのは、内容を把握してもらう
ことです。

わかりやすい文字を印刷しても、目に入りにくいと効率的とは言えません。

フォントも大切なポイントになりますので、専門店のスタッフと相談
しながら決めてください。

宣伝・注意喚起の効果を最大限に引き出すためには、専門家の意見を
取り入れるのが得策です。

それぞれのシーンに応じた商品づくり、設置方法などをアドバイス
してくれます。

目立つことが最大のアピール方法になることは間違いありません。